フォークリフト運転手が最も心掛けなければならない事とは?

フォークリフトで行う作業

物流倉庫といった会社ではフォークリフトが活躍出来る現場が多くあります。フォークリフトを必要とする倉庫内作業を見たことがある人はどのくらいいるでしょうか。倉庫と言っても色々な倉庫があります。人の手で運べる小さい商品や重量の軽い品物を扱っている倉庫もあれば、大きな商品がいくつも積み付けられたパレットを運んでいる倉庫もあります。後者のような倉庫ではフォークリフトが大いに活躍する現場となります。フォークリフトは小さく見えますが、普通自動車より馬力があるのです。

フォークリフト運転手の仕事

通常、倉庫の天井は7メートルから8メートルあることが多く、高い天井にはネステナーという自由に配列することが出来る鉄製のラックを設置します。このラックは並べるだけでなく、高く積み上げることも出来ますので空間を最大利用したレイアウト構成が可能になります。物を管理するということはスペースを作り出し、いつでも取り出せる環境を作っておくことが非常に大切なのです。運転手は運転するだけでなく倉庫内の知識も必要とする場合が多々あると言えるでしょう。

運転手は細心の注意が必要

フォークリフトは小さいながらも力持ちで、高く積んだパレットや重たい商品を繰り返し運んでいきます。整備された公道を風を切りながら走る普通自動車とは違い、常に積荷の崩れや他作業者と歩行者にも細心の注意をしながら、安全運転をしなければなりません。普通乗用車を運転する人が標識や交通ルールを守りながら運転するよりもはるかに難しい作業となりますが、それ故にフォークリフトを運転することは遣り甲斐のある仕事でもあります。現場では安全を確保し無事故を目指しながら作業を迅速に進めていくのです。

フォークリフトは資格を持っていないと操縦ができないので、工場や倉庫での需要が高まっている昨今においては、フォークリフトの求人の需要も高まっています。